今回は、メキシコ国内を中心に40万回以上シェアされ、
3週間ほどで再生数が約900万回に迫っている動画からで、
日本の地震対策に関する情報が、字幕と映像で伝えられています。

早速ですが、以下が映像内のキャプションになります。

「2011年、日本は大地震に見舞われた。
 しかし各行政機関が適切な対応を行ったことによって、
 あまり時間がかかることなく、復興作業に乗り出すことが出来たのだ。

 国は、地震発生時に避難に必要な物や避難ルートを国民に示しており、
 また、大地震が発生する可能性がある際には、
 テレビやラジオ、メールで緊急地震速報を発している。
 日本政府は、国民のためにここまで災害に備えているのだ。
 私たちは、日本のような国になるために、学ぶべきことがあるだろう」



以上になります。
メキシコでは先月に巨大地震が発生していますが、
その際のメキシコ政府の対応が満足のいくものではなかったのか、
コメント欄には日本との差に落胆する声が殺到していました。

海外「日本人は何なんだ!」 大地震 日本人の落ち着きっぷりが海外で話題に

 2017-10-21


【この記事の続きを読む】