"鹿島守護神"クォン・スンテ、指の負傷が回復しても欠場が続く内部事情
スポータルコリア




※一部要約

今シーズン、日本J1リーグの鹿島アントラーズでずば抜けた活躍を繰り広げていたクォン・スンテが主戦グローブを放した。
指の負傷から回復したが、試合に出場できずにいる。
何があったのか?

クォン・スンテは去年、全北現代のACL優勝を導いてから鹿島に移籍した。
彼は長く鹿島のゴールを守ってきたベテランGK曽ヶ端準を抜いて、シーズン序盤から主戦GKとして活躍していた。

彼は左指の負傷で交代アウトになった7月2日の柏レイソル戦まで、鹿島の主戦GKだった。
柏戦までJ1リーグで12試合、ACLで7試合プレーして鹿島のゴールを守っていた。

だが負傷から回復してからはベンチを守る時間が長くなっている。
彼は8月26日のセレッソ大阪戦で交代GKとして名前を上げてから9日の大宮アルディージャ戦まで、鹿島の4試合のうち3試合を交代選手としてベンチで見ているだけだった。

主戦競争で押されたとみられるが、クォン・スンテの欠場は鹿島のチーム内の事情と関連している。




【この記事の続きを読む】