rt
(CNN) 「アジア系の俳優は表情が乏しい」――ハリウッドの配役担当者が語ったとされる言葉に対し、ツイッター上で反論が巻き起こっている。 この発言は社会学者のナンシー・ワン・ユエン氏が昨年、ハリウッド俳優と人種差別について書いた著書の中で紹介した。これが6日発売の米娯楽誌「ペースト」で取り上げられ、インターネット上で大きな反響を呼んだ。 ユエン氏がインタビューした匿名の配役担当者は、「アジア人は配役しづらい。表情があまり豊でないと感じている担当者が多い」「感情を固く閉ざしている」などと語ったとされる。 ペーストはアジア人俳優がいい役をもらえないという問題を扱った記事の中で、ユエン氏の著書を引用している。この担当者は同氏に、アジア系俳優はコンピューターに向かっている場面や科学者のような役なら使えるが、本格的な演技力が必要な場面では使いにくいとも話したという。以下略
海外の反応をまとめました。



【この記事の続きを読む】