[長沙通信] "鉄壁警護"シュティーリケ号、国賓級の警護隊作戦
OSEN




※一部要約

中国入りしたシュティーリケ号が国賓級の警護を受けている。

シュティーリケ監督が率いるサッカー代表は23日午後8時30分、中国長沙の賀竜スタジアムで中国代表を相手に2018ロシアワールドカップアジア地区最終予選A組6次戦を行う。

"サード配置"の外交問題で韓中関係の緊張が最高潮に達した最近である。
実際は長沙にしばらく立ち寄った国内取材陣は、特に危機意識を感じることはできなかった。
特に容姿が中国人と似ている本記者は、思う存分街を闊歩しても中国人はまったく気にしてなかった。
記者に中国語で話しかけてビラを配る人もいた。
なぜだか寂しげな現実だった。


20170321055802a.jpg




【この記事の続きを読む】