rr
米国の勝利を決定づけたのは、中堅手A・ジョーンズが4-2で迎えた七回に見せた美技だった。相手の先頭マチャドが完璧に捉えた当たりは一直線に中堅へ。誰もが柵越えと思ったが、ジョーンズだけは違った。  「カリフォルニアの気候では失速することが分かっていた。フェンスは気にせず、ひたすら球を追った」。地元出身の中堅手は打球に飛びついてグラブに収めた。本塁打を確信して一塁を回っていたマチャドはオリオールズで同僚。好捕にヘルメットを振って称賛するしかなかった。以下略(時事通信)

海外の反応をまとめました。



【この記事の続きを読む】